高齢者 障がい者 賃貸物件

高齢者・障がい者・グループホーム等

賃貸物件

shogai_11

他業者からご入居を断わられがちなケースでも、福祉事業所や保証会社、 見守りサービス等と連携し、高齢者や障がい者、グループホーム等も視野に入れていただけるよう、提案しております。
お客様も安心、オーナー様も安心していただけるような 賃貸借契約を目指しております。
皆様が笑顔になるような賃貸借契約の実現が、理想と考えております。

shogai_14

shogai_19

shogai_23

事例②
「80歳代のご両親のお部屋探し」
 
shogai_29体調確認や安否確認をしてくれる 「きずな電話」のご紹介もいたします。
shogai_32ご家族のご協力が必須となります。 まずはご相談ください。

ご両親のお部屋を探したい、同居も考えたが両親がまだ元気なうちはプライベートも大切にしたい、との娘様からのご相談でした。 この場合、ご両親は賃貸借契約の契約者にはなれません。(保証会社の審査が通らない可能性が非常に高いため)お仕事をしている娘様の旦那様に契約者となっていただく必要がありました。(娘様がお仕事をしている場合は、娘様でも大丈夫です)特にご家族のご協力が必要です。 次に、オーナー様のご理解を得なければなりません。希望のお部屋と娘様のご自宅がとても近いこと・毎日1回は必ず会うこと・「きずな電話」という安否確認の制度を利用することの3つをご提案し、オーナー様にご理解していただきました。


事例①
「生活保護を受給されているお客様」
 
shogai_29UR賃貸住宅の取扱店となっていますので、URさんの物件も視野に入れながら物件のご紹介ができます。
shogai_32アパートやマンションを借りる場合には、保証会社の審査が通ることがポイントになります。

八千代市の生活保護を受給されているお客様で、住んでいるアパートが取り壊されるため、お引越しをお考えでした。 しかし、よくお話を聞くと手持ちのお金がほとんどないことと、緊急連絡先等になってくれる身内の方がいないとのことでした。 緊急連絡先の方がどなたもいないとなると、保証会社の審査は通りません。 保証会社の審査が通らない場合は、オーナー様の理解もいただけないので、アパートやマンションの賃貸借契約は不可能となります。そこで当社も取扱店となっている「UR賃貸住宅」をご紹介いたしました。 八千代市の団地をご案内し、無事契約をすることができました。(緊急連絡先は、八千代市役所がなってくださいました。)

shogai_37